シカ・イノシシ対策専用くくり罠・害獣駆除対策のことならオーエスピー商会へ

オーエスピー商会
お見積もり・相談無料。TEL.097-523-0707(受付:9時〜17時) 38,000円以上ご購入の方は送料無料。
FAX注文用紙 お問い合わせ
マイページ カートを見る

ステンレスワイヤーとメッキワイヤーの違いについて

こんにちは、Yです。
 
 今日はステンレスワイヤーとメッキワイヤーについて、お話したいと思います。
当店の見解も含まれておりますので、細かな部分は参考程度に御覧ください (^o^)
 

============================

1.メッキワイヤーとステンレスワイヤーの違い

 

2.ワイヤーの検証

 

3.メッキワイヤーとステンレスのメリット・デメリット

=============================

 

 

1.メッキワイヤーとステンレスワイヤーの違いについて

===============================================
 
 
左がステンレス、右がメッキです。多少ステンレスの方が黄色っぽい線になってます(当社比)
 

素材について(全般)

弊社の芯材につきましては、プラスチックを使用しております。

また、製造上少量の油は使用しますが、港湾用のように麻の芯に油を浸した状態ではないので

油抜きと表記しております。

なぜ、麻なのか?プラスチックなのか?は、また後日と言う事で。

 

素材について(メッキワイヤー)

素線の硬鋼線の表面に亜鉛をメッキ(コーティング)した素材です。
特徴としてはステンレスワイヤーより引張強度は強いですが、錆びに弱いです。
比較的安価なため、頻繁にワイヤーの交換をする場合に適しています。
 
 

素材について(ステンレスワイヤー)

ステンレスは、鉄にクロムとニッケルを混ぜて作られた合金です。
クロムとニッケルは鉄より柔らかく、その柔らかい素材と鉄を混ぜているため、
なめらかで粘りのあるワイヤーに仕上がっています。
お値段はワイヤーメッキに比べると高いですが、錆びにくいため長時間土の中に埋めても変形しにくい素材です。
 
 

 

メッキ vs ステンレスの強さ

切断荷重でみると、メッキワイヤーの方が強いです。
ただ、こちらはあくまで静的荷重の計算値になります。
 
ベテラン猟師さん曰く、イノシシが暴れてワイヤーがキンクする時には
粘りのあるステンレスワイヤーの方が強かったという話も聞きます。
 
 
※獲物が暴れてキンク(捻じれに捻れた)ワイヤー
 
切断荷重は、あくまでもまっすぐ引っ張った時の強さです。
獲物が暴れてねじ切られる場合では、必ずしもメッキのほうが強いわけではなさそうです。
長時間放置した場合も同じで、メッキワイヤーの方が錆びて切れやすくなります。
 
 
 

2.ワイヤーの検証

===============================================
 

検証1.サビやすさ

メッキワイヤーとステンレスワイヤーを土に埋めて違いを検証してみました。
 
埋める前
 
 
4週間後
 
メッキワイヤーの方が埋める前より黒ずんできました。
触った感触はゴワゴワして堅いです。
 
スリーブから抜けた瞬間の瞬発力は固くなったメッキワイヤーの方が
遅く感じました。
 
 

検証2.弾力性の検証

 
万力にワイヤーを固定して、ワイヤー止を先端に付けて弾力性を確かめてみました。
 
※4週間埋めたワイヤー
 
 
ステンレスワイヤーの方が埋める前と変わらずしなりやすいです。
 
これは、どういう事がというと
獲物がかかった時のワイヤーが締まるスピードに影響が出てきます。
 
獲物を捉える際は、よりしなやかなワイヤーの方が好ましいです。
錆びてゴワゴワしたメッキワイヤーでは締まる時に、ググッ…と抵抗がかかるので
獲物に逃げられる確率が高くなります。
 
長時間、罠を水分の多い土の中に設置する場合は、ステンレスワイヤーをおススメしています。
 
 
 

3.メッキワイヤーとステンレスのメリット・デメリット

===============================================
 

メッキワイヤー

 
 メリット
  ・価格が安い
  ・強い
 

 デメリット

  ・錆びやすい
  ・捻れに弱い
 
 長く土中に埋めることがなければメッキワイヤーを使用し、
 罠にかかった場合等は必ずワイヤーを交換すると良いです。
 

ステンレスワイヤー

 
 メリット
  ・錆びにくいので長時間設置に向いている
  ・粘りがあるので捻れに強い
 

 デメリット

  ・高い
  ・メッキより弱い
 
 ステンレスワイヤーは水を多く含む土の中に設置する場所に向いています。
 
双方に長所がありますので、お客様自身で適切なワイヤーを選んでください。
ちなみに100Mは多いかも・・・という方には、切売も販売してます(^o^)
 
 
メッキワイヤーはコチラ >>
 
ステンレスワイヤーはコチラ >>
 
 
ワイヤーに関しては、様々な種類がありますので、当店も色々水面下で検証等しております。
また、ブログで検証結果をご報告したいと思います(*^^*)
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


はじめての罠猟から獲物獲得までの流れ 38000円以上ご購入の方は送料無料 商品カタログ 皆様のご意見をお聞かせください For Flobal

Would you like to buy ECO products?
if you are interested in this product,
please send us a message.