シカ・イノシシ対策専用くくり罠・害獣駆除対策のことならオーエスピー商会へ

オーエスピー商会
お見積もり・相談無料。TEL.097-523-0707(受付:9時〜17時) 38,000円以上ご購入の方は送料無料。
FAX注文用紙 お問い合わせ
マイページ カートを見る

ブログ

山に行ってきました。

こんにちは。社員のNORIです。
今日は、10日に大分市の猟師Dさんのフィールドに行った時の事をお話したいと思います。
朝9時頃に長湯温泉にて待ち合わせまして、竹田市久住町の所有されている山に入りました。
IMG_1220.jpgIMG_1223.jpg
山中はクヌギの木が多く、シイタケ栽培をされている方がいらっしゃいました。
IMG_1279.jpg
杉の木も境界線に合わせて植わっていまして、場所によっては杉の木の新芽を植えていらっしゃる所もありました。
ちょうど、近所の方が草刈りに来られていまして、お話を聞くと「杉の木の皮や新芽を食べるので、駆除してくれるのはありがたい」との事でした。
Dさんもシイタケ栽培をされていまして、管理地の草刈りをされているところから一歩外に出るとヌタ場や木に体を擦り付けた場所をたくさん見る事が出来ました。
IMG_1249.jpgIMG_1282.jpgIMG_1235.jpg
今年は、まだシカもイノシシも畑の方にいて、山の上の方に来ていないので、ケモノ道にも足跡が少ないようでした。
「新たな道を発見する必要があるのか?猟期の頃に最新の足跡状況を確認する方がいいのか?悩むなあ。」とおっしゃっていました。
Dさんの狩りの方法は、体を擦りつけている木を見つけて、その付近に弊社のA式トラップを使って足を踏み込ませるように仕掛けていきます。
IMG_1285.jpgIMG_1287.jpgIMG_1288.jpg
シカやイノシシはケモノ道から外れて歩く時に、少し警戒心が落ちるようだと、話されていました。
また、A式トラップ自体も塩ビパイプと平行にもう一本パイプを取り付けて、その中に竹の棒を打ち込むことが出来るようにして、土の中でパイプがしっかり立つように工夫されています。
IMG_1286.jpgIMG_1302.jpg
一番重要なのは、レバーが引っかからずに、ストンと落ちるか!これがポイントだそうです。
事前に何度もレバーの状態を確認して、必要に応じてピンを研磨されるそうです。
さらにレバーや踏み板は、塗装しておいて蹴散らかされた後でも発見しやすいようにするそうです。
皆様も、ご自分の環境に合わせた状態に改良して使っていただけると、より捕獲効率が上がると思います。
そうは言っても環境に依って、仕掛け易いワナと仕掛け難いワナがありますよね。
次回は、そのお話を少ししたいと思います。

ワイヤーについて

こんにちは。社員のNORIです。
今日もワイヤーについてです。
良くお電話にてお問い合わせ頂く事を中心に…
まずは規格について
6×24という規格がありますが、これは24本の素線(鋼線)をより合わせたもの(ストランドと言います)を繊維芯(ナイロンとか麻とか)を中心に6本合わせて1本にしたものを言います。
繊維芯は表記していませんが、断面図はこんな感じになります。
ワイヤ6x24.jpg
弊社では、7×24という規格を扱っていますが、これは中心に繊維芯ではなく”ストランド”そのものを入れた商品です。
4ミリの規格で作ってあるので、強さと柔らかさが一緒に感じられるものです。
強さ弱さについて
素線の太さや素材(鋼線 or ステンレス)の関係と中心の芯に何を(鋼線 or 繊維)使っているか?がポイントになりますね。
さらに、あたりまえなのですが 5ミリの線径の方が4ミリより強いです。
ただ、柔らかさ(くくり易さ)を考えると選択肢からは外れそうです。
こちらは、寒冷地の方だったり、より強度を求める方が良く購入されますね。
ちょっと高いですが、ステンレスという選択肢もあります。
ニオイについて
弊社のワイヤーは”油ヌキ”と表記していますが、全く油を使用していないわけではありません。
これは他メーカーさんも同様と考えますが、より合わせる時に若干量の油を使用しています。
しかし、通常の荷役用ワイヤーのように手に油が付くような状態ではありません。
それでも、油のニオイも含めて金属のニオイが気になるという方のいらっしゃいます。
その時は、、、
先日の講習会で猟友会の会長がお話されていましたが、「柿渋とか…自然にあるもので煮ると良い」そうです。
ホームセンターで先日見かけましたので、意外と近くに売っているものなんですね。
光沢を落とすことも含めて、地面に埋めておくという方もいらっしゃいましたが…
ただ、表面のメッキ層がなくなるという事は サビ易い ⇒ 強度低下の原因 となります。
弊社では、推奨しておりません。

どうしてもやってみたい方は、自己責任でお願いします!
ということで、今回はここまでに。。。
※聞いてみたい事がありましたら、コメント欄へ書き込みをお願いします。

ワイヤーの選び方について

こんにちは。社員のNORIです。
今日は、ワイヤーの選び方についてお話したいと思います。
罠の規制として、ワイヤーについては4ミリ以上の直径のものを使用するように指定されていますね。
弊社でも4ミリのワイヤーは、何種類か取り扱っています。
(規格については、後日改めてお話させて頂きます)
ベテランの方であれば、自分のお気に入りと言いますか、同じモノをずっと使われるようです。
さて何を選ぶか?ナゼか? 、、、、、デスね?
ちなみに弊社の仕掛けワイヤーは、より戻しの前後で違う規格のメッキ線ワイヤーを使っています。
前側は7×24と言う強度と柔らかさを重視のワイヤーを、後ろ側は6×19のコスト重視のワイヤーを使っています。
前側が硬いワイヤーですと、バネが開いてワサを縮める時に滑りが悪くなり捕獲の際に障害となります。
しかし衝撃がかかりやすく、切れる要因が多い部分でもありますから、強いワイヤーを使いたいところですね。
対して後ろ側は、使い回しをする事もできるので、硬いだけのワイヤーで良いと考えています。
では、それらの条件を(おおよそ)満たしているワイヤーは? … と良くお問い合わせをいただきます。
メッキ線ワイヤーの6×24です。とお答えしています。
柔らかさ重視で、強さとコストを考えると非常にバランスの良い商品です。
まだまだ、お話したい事はありますが、今日はこの辺りで。

講習会に参加させていただきました。

こんにちは。社員のNORIです。
9月19日に大分市戸次の大南支所にて開催された、大分県鳥獣対策アドバイザー養成研修会に参加させていただきました。
午前中は、財団法人 自然環境研究センターの青木先生が講演されました。
少し内容を・・・・
◆野生動物の個体数の変化としては、大戦中に乱獲により激減したものの、それ以前と比較して増加しているわけではない。
◆シカの方がイノシシよりも生息し易い⇒シカの被害が増加しているということは、環境の変化として次のステージに移っているということ。
◆適正な個体数の維持には、毎年のように活動(捕獲)する必要がある。
◆一人が捕獲する数を比較した場合、青木先生のグループでは銃よりもワナの方が効率が良い。が、熟達が必要(銃でも必要・・・)
非常に興味深い話を聞くことが出来ました。
午後からは、実地研修でした。
隣の広場で天気の良い中、集まったみなさんにカタログを配布させていただきました。
猟友会の石田会長が秘伝の技を説明されています。
IMG_0631.JPG
弊社の商品も少しだけ・・・説明させていただきました。
IMG_0641.JPG
少しでも集まられた皆様のお役に立っていればうれしいのですが。。。
また、機会がありましたら、是非参加させていただきたいです。

スエージャーについて ― カシメ編

こんにちは。社員のNORIです。
今日はスエージャーのカシメ編です。
スリーブのカシメには必要ですね。是非、正しい番号で作業をしてください。
特にご注意いただきたいのは、4mmのWスリーブについてです。
カタログにも記載していますが、弊社のスリーブは3番の位置でカシメるようにお願いしています。
本来なら4mmワイヤーなので4番でカシメたくなるのですが、弊社のスリーブは3番でお願いします。
刃部に刻印されている番号は、アーム産業社の純正スリーブ(オーバルスリーブ)用のものです。
弊社のスリーブとは、カシメ回数・肉厚共に違います。
詳細は、別の機会にお知らせいたしますが、
オーバルスリーブは4番、弊社のスリーブは3番
でお願いします。
また、カシメた後にゲージプレートが添付されていると思いますので、たまに確認をお願いします。
かなりの回数(何千個くらいですが)カシメた場合は、締め込み量が少なくなってくる場合があります。
刃部がすり減ってしまって、あきらかにゲージプレートから外れてきた場合は、寿命ですので新しい物をお求めください。

スエージャーについて ― メンテナンス編

こんにちは。社員のNORIです。
少し期間が空いてしまいましたが、今日はスエージャーのメンテナンス編です。
前回のお話の通り、必ずメンテナンスは発生します。
注油も含めて定期的に行うと、長持ちしますよ。
まずは、順序から
①工具を準備します。
  IMG_0473.jpg
上から、ナットについているイモネジを外す為に3mmの六角レンチ。ナットを外すのと締めるのにスパナとモンキーレンチ。あとは、最初のネジを外す為にバイスクリップです。
バイスクリップは、最近ではダイソーのような100円ショップでも見かけるようになりましたね。
②イモネジを外します。
IMG_0302.jpg
二か所ありますので、お忘れないよう。
一か所で安心してナットを外そうとすると、ネジ山をくずしてしまい、二度と外せなくなるかもしれませんのでご注意ください。
③バイスクリップでボルトの頭を挟んで、ナットをモンキーレンチで挟んで外します。
IMG_1541.jpg
④刃部の内側についている切子をふき取って、グリスを貼付し、ボルト・ナットを締めこみます。
IMG_9927.jpg
※代替えのボルト・ナットにつきましては、弊社にご相談ください。
また、刃物の交換だったり、上下に付け替える方法は、また後日。
次回は、スエージャーについて ― カシメ編をお伝えしようと思います。

スエージャーについて ― 切断編

こんにちは。社員のNORIです。
昨日はワイヤーのお話だったので、今日はスエージャーのお話をします。
スリーブのカシメだったり、ワイヤー切断とスエージャーってホントに便利ですよね。
ただ、ワイヤー切断で使っていると、そのうち切れ味が悪くなってきます。
切れた断面から素線がヒョロっと出てきたり、、、、
一概にどれくらい切ったら?という質問には答えられないですが。。。。
弊社でもベンチタイプのスエージャー(600BB)を今年の3月に新品の使用を始めまして、
今月メンテを行うことにしましたので、約半年で切れ味が悪くなったという感じです。
屋内使用で月平均1000本位はワイヤーを切断していましたので、ボチボチかな?
切れ味が悪くなる原因は、
①刃と刃の間にワイヤーのカスが挟まって隙間が広がってくる
②切りすぎて、刃そのものが変形してくる
ように思えます。
①については、使用前に刃の隙間に液状グリスを入れてあげることにより、ワイヤーのカスが刃の間に挟まらないようになります。
IMG_1190.jpg
 ※写真のとおり、メーカーさんの注意事項としてシールにも書いてますね。
   是非、 注油! をお願いします。
②については、基本的には寿命かもしれません。
  ベンチタイプであれば刃を逆にしてあげる(反対側を使う)とまだ使えます。
切れ味が悪くなったな、と感じた時にはメンテナンスをしてあげると、切れ味が復活します!
次回は、そのメンテナンスの方法について。。。

ワイヤーの末端処理について

はじめまして。社員のNORIです。
今日は手前味噌ですが、ワイヤーの末端処理についてお話したいと思います。
弊社では、ワイヤーを切断した際にバラけるのを防止するため、2cm程に切った
セロテープを巻いています。
詳細は、コチラ・・・・・
http://osptrap.co.jp/hinto.html
■スリーブにワイヤーが入りにくい。
■バラけたところを毎回切っている。
という方は、是非お試しください。

本日より・・・

ホームページの改定に合わせて、本日よりブログを書いてみたいと思います。
よろしくお願いいたします。

はじめての罠猟から獲物獲得までの流れ 38000円以上ご購入の方は送料無料 商品カタログ 皆様のご意見をお聞かせください